障害者雇用リファレンスサービス 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
中央障害者雇用情報センター 障害者の雇用管理に関する各種相談

モデル事例
合理的配慮の指針はこちら
合理的配慮事例
合理的配慮の事例集はこちら

※合理的配慮事例を検索する場合は上記チェック欄を選択してください。

「障害者雇用事例リファレンスサービス」では、障害者の雇用、雇用継続または職場復帰に当たって直面する課題の解決方法として参考となる事例を紹介しています。

モデル事例
:障害者雇用に関する企業(事業所)の全体的な取組を紹介し、事業所名等は原則公表となっています。
合理的配慮事例
:対象となる障害者の特性や本人の希望・ニーズに応じて個別に配慮している取組(「合理的配慮」の提供)を紹介し、事業所名・所在地は原則非公表となっています。

ブラウザの各種設定について
■フリーキーワード  
作成日順事例一覧へ

当サイトでは、検索の都合上、「障碍」・「障がい」については「障害」と、「車椅子」・「車イス」については「車いす」と、便宜上表記しております。

■業種
農・林・漁業
建設業
製造業
情報通信業
運輸・物流業
卸売・小売業
金融・保険業
飲食・宿泊業
医療・福祉業
教育、学習支援業
サービス業
電気・ガス・水道・熱供給業
不動産業
 
うち除外率設定業種

○除外率対象事業所の事例が検
  索できます
○検索したい業種や障害の項目
  などにチェックを入れると、
  それらの条件に合った事例が
  検索できます
(※除外率対象事業所となり得る
  事例も含まれています)


■障害
 視覚障害
 聴覚・言語障害
 肢体不自由
 内部障害
 知的障害
 精神障害
 発達障害
 高次脳機能障害
 難病その他

■その他
 特例子会社
 福祉工場
 第三セクター
 就労継続支援A型

■掲載紙
 働く広場
 雇用マニュアル・事例集等

■規模
 50人以下
 51人~100人
 101人~300人
 301人~500人
 501人~1,000人
 1,001人以上


障害者雇用納付金制度に基づく各種助成金の活用事例を紹介しています。

お問い合わせ
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(E-mail、電話:043-297-9513、FAX:043-297-9547)にお問い合わせください。
事業所への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

皆さまのご意見を参考にいたします。アンケートにご協力ください


高齢・障害・求職者雇用支援機構トップページへ
Copyright © Japan Organization for Employment of the Elderly, Persons with Disabilities and Job Seekers. All Rights Reserved.