有限会社タナカS・S

1. 事業所の概要

有限会社タナカS.Sは、山形県の南東部に位置する人口約92,000の米沢市にある。2009年のNHK大河ドラマの主人公である上杉の智将「直江兼続」を輩出したこの地で田中社長がこの会社を創業したのは平成12年10月であった。当初は、ノートパソコン等の組み立て製造が主たる業務であったが、その後事業を拡大し、現在は釣具(ルアー)の製造・電子機器部品の製造請負並びに組立販売・パーソナルコンピューターや周辺機器の販売並びに取付工事・印刷業及び印刷物の企画制作・生命保険の募集に関する業務等幅広い分野で事業を展開している。従業員数は、46名、平均年齢は33歳と若く、作業現場からも活気が感じられた。

社是は「夢のある人と一緒(とも)に」である。そして社長のモットーとしては、何事も夢を持ってやれば道は開ける、そして夢を持っている人と一緒に仕事をするのがなによりの楽しみであり、夢のある人と共に歩んで行く職場であることを大事にし、これからも目指し続けたいということであった。


独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 検索画面へ
高齢・障害・求職者雇用支援機構トップページへ