株式会社障がい者つくし更生会

4. 今後の課題と展望

処理施設で行う事業が増え、その都度、委託業務が増えるごとに従業員数も増えてきたつくし更生会、那波氏に今後の展望について伺うと、意外な答えが返ってきた。それは、この処理施設や企業としての規模を拡大することは考えていないというものであった。施設や企業規模を拡大するよりも、見学者や実習生の受け入れを積極的に行い、つくし更生会が行っている取組を広く世間に知ってもらい役に立つこと、従業員教育に力点を置き、企業としての価値を高めることが、つくし更生会がこれからも必要とされ、企業として生き残っていく術だと話す。

先のことを考えた上で目の前のことを着実にこなし業績を上げてきたつくし更生会の今後に、行政だけでなく、障害者、保護者、支援者らの大きな期待が寄せられている。

執筆者:九州産業大学  助手  新海  朋子
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 アンケート入力画面へ
障害者雇用事例リファレンスサービス