社会福祉法人さゆり会

2. 障害者雇用の状況

(1)障害者の雇用状況(障害の種類、勤続年数、就労時間、業務内容)

・Aさん:   精神障害、勤続年数2年1ヶ月、就労時間20時間/週
(高齢者デイサービスセンター  清掃及び介護補助)
・Bさん:   身体障害(肢体不自由)、勤続年数5年0ヶ月、就労時間30時間未満/週
(障害者就労支援事業所  送迎業務)
・Cさん:   身体障害(内部障害)、勤続年数9年4ヶ月、就労時間40時間/週
(高齢者デイサービスセンター  介護福祉士)
・Dさん:   精神障害、勤続年数17年0ヶ月、就労時間30時間/週
(障害者地域活動支援センター  管理者)
・Eさん:   身体障害(視覚障害)、勤続年数30年0ヶ月、就労時間20時間/週
(保育所  保育士)

(2)Aさんの雇用の経緯

Aさんは、平成20(2008)年7月に地元病院の精神科を退院後、当法人が運営する障害者グループホームに入居すると同時に精神障害者通所授産施設(現  就労継続支援B型事業所)への通所を開始する。当初より作業能力が高く体調も安定しており、本人自身も将来的には一般就労を強く希望していた。

平成22(2010)年11月に本人から精神障害者社会適応訓練を希望する申し出を受けて、保健所の担当者とともに面談を行い同訓練の利用登録が決定した。就労継続支援B型事業所側のAさんに対する個人評価は高く、体調も安定していることが決定につながった。訓練の実施事業所については、本人が福祉関係事業所の清掃作業を希望したことから、同訓練の登録事業所であった当法人内の老人デイサービスセンター「みはらし荘」にて訓練を開始することとなった。精神障害者社会適応訓練終了後は同事業所にて引き続きトライアル雇用を行った。


平成22(2010)年12月1日~平成23(2011)年11月30日 精神障害者社会適応訓練
平成23(2011)年12月1日~平成24(2012)年2月29日 トライアル雇用
平成24(2012)年3月1日~ パート職員として雇用

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 アンケート入力画面へ
障害者雇用事例リファレンスサービス