特定非営利活動法人佐世保自立支援センター障害者就労継続支援A型事業所「チャレンジ」

1. 事業所の概要と障害者雇用の経緯

(1)事業所の概要

特定非営利活動法人佐世保自立支援センター就労継続支援A型事業所「チャレンジ」(以下「当事業所」)は平成25(2013)年10月22日に設立し、平成26(2014)年2月1日に指定障害福祉サービス事業者(就労継続支援A型事業所)の指定を受けた。

当事業所の障害者雇用は、下記の3で後述しているように昭和43(1968)年8月に設立した佐世保ブロイラーセンター株式会社に雇用されていた障害者全員を当事業所の設立に伴い雇用したものであり、当事業所の業務は、同社の食鳥処理加工業務の一部の受託業務である。

食鳥処理加工工場における作業は(ア)食鳥の加工前処理作業(イ)中抜ラインにおける副産物(内臓関係)処理(ウ)解体レーンにおける加工作業(エ)パック詰め処理(オ)工場内清掃及び鳥肉搬入のためのカゴ洗浄等と区分される。そのうち当事業所では、長崎県を中心とした北部九州の契約農家で飼育された若鳥ブロイラーを当日の朝入荷して(ア)の食鳥加工前処理作業が終わった食鳥の(イ)から(ウ)での手捌き加工、(エ)の加工商品のパック詰め工程まで、その日に長崎県内のスーパーや精肉店に卸しできるまでの全ての業務を行っている。


(2)佐世保ブロイラーセンター株式会社の障害者雇用の経緯

受託業務の委託元事業所である佐世保ブロイラーセンター株式会社の障害者雇用の経緯は、平成元(1989)年5月、佐世保市内にある社会福祉法人が運営する就労移行支援事業所(現在の名称)で支援を受けていた知的障害者を紹介され、職場見学、実習を行った後に雇用した。食鳥加工工場内での清掃等の雑用業務を担当した。これがはじめての障害者雇用となった。

翌年(平成2(1990)年)、食鳥処理法が変わったのを契機に、従来の手作業による処理加工手法から機械化された処理加工生産ラインの導入を行った。その結果、同ライン機械の導入により業務内容が変更になり各工程が流れ作業となったが、当初在職していた職人気質の強い従業員は同ラインでの流れ作業には向いていないとことごとく退職した。このため、当初受け入れて雑用等業務に従事していた知的障害者を加工生産ラインのうち当人の身長体格を生かした作業に配置転換した。

そして、当人への作業内容の指導、教育等は毎日繰り返し行い、指導補助の必要がなくなるまでに5年の歳月を要した。それでも、当初の雇用から順次雇用数を伸ばし、平成8(1996)年では雇用障害者(知的障害)が7名となり、加工工場における雇用障害者は重要な戦力となっていた。同時に障害者多数雇用事業所となり「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき同年に障害者職業生活相談員資格認定講習を受講し修了証書を取得した。


作業風景1
作業風景1

作業風景2
作業風景2

作業風景3
作業風景3


独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 アンケート入力画面へ
障害者雇用事例リファレンスサービス