株式会社コーリツ

1. 事業所の概要

株式会社コーリツ(以下、「当社」という)は平成2(1990)年に設立(加納工場)され、カメラ組立の生産を開始。平成9(1997)年に羽田工場が完成し本社機能を移転。平成12(2000)年にISO9002:1994認証取得し、同年セル生産方式を導入した。

当社はISOのシステムと生産革新(ムダどり)という改善活動をミックスした体制(KQMS)を構築している。製品品質を企業品質までに拡大解釈し、その中に利益創出活動を盛り込んだシステムである。昨今では市場に連動したスピーディな生産体制(セル生産の導入)、さらには原価を低減すべく革新活動(経営・生産)をより強化する必要がある。継続的改善、永久的改善を推進し、企業体力を強化していく。これまでコーリツは個人の夢や感動、好奇心といった価値を追求していくための役割を果たせる企業を目指してきた。こうした追求には、個人のクリエイティビティが欠かせない。企業の真の価値とはそこに働き、関わる一人ひとりがつくり出すもの。個人が創造力を発揮できる場所であり、そして多様な人たちのクリエイティビティを刺激し、共振する企業でありたいと考えている。


独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 アンケート入力画面へ
障害者雇用事例リファレンスサービス