社会福祉法人  日向更生センター  宮崎市養護老人ホーム  清流園

1. 事業所の概要

宮崎市養護老人ホーム清流園は、清武総合支所から車で1分程度のところにあり、旧清武町時代に作られた福祉ゾーン「ふれあいの里」の中核施設として平成14(2002)年3月に整備された。世代間交流と福祉増進の観点から同敷地内には幼稚園、児童クラブが併設されている。現在の指定管理者は、社会福祉法人日向更生センター(昭和44(1969)年2月設立)であり、「ふれあいの里」の敷地内の植栽管理及びグラウンド管理の業務も含まれ、障害者等の雇用が条件となっている。

一般に養護老人ホームの施設の入園者は、市町村の措置による65歳以上の高齢者で環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護を受けることが困難な人となっている。入園すると、自立した日常生活を営み、社会的活動に参加できるようになるために必要な指導及び訓練、その他の援助を受けることができる。

養護老人ホーム清流園の職員には介護職員、看護職員、生活相談員、医師(嘱託)などが配置され、食事、入浴、排泄、健康管理、自立の援助、余暇指導など様々なサービスを提供している。現在の入園者の定員は50名で、そのうち自立している人は2割程度、入園者の認知症、重度化が進み、要介護状態の入園者が徐々に増加している状況にある。そのため、職員を増やすなどの対応が計画されている。

養護老人ホーム清流園の運営方針は、次のとおりである。

  • ●入園者の援助にあたって医学、心理学等科学に基づく知識の活用に努め、入園者の人権を尊重しながら心身の状況に応じた、快適で規律のある生活に親しんで貰える明るい環境のもとで、自立した日常生活を営むことができるようにする。
  • ●入園者の人格を尊重し、常に入園者の立場に立ったサービスの提供をする。
  • ●明るく家庭的な雰囲気を有し、地域や家族との結びつきを重視した運営を行い、他の施設やその他の社会資源、医療又は、福祉サービスを提供する者との密接な連携に努める。

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 アンケート入力画面へ
障害者雇用事例リファレンスサービス