障害者雇用リファレンスサービス 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構


検索画面へ


助成金活用事例一覧
  障害者雇用に際して、課題解決のヒントとなる障害者助成金の活用事例(ご覧になりたい事例番号をクリックしてください。)を紹介しています。
各事例毎に記載している助成金の支給金額や支給認定に要する期間等につきましては、
個別の状況により異なりますので、ご了知願います。

障害者雇用納付金制度に基づく助成金については、平成24年9月1日より一部の取扱いが変更となります。
特に、『障害者作業施設設置等助成金(第1種・第2種)』『障害者福祉施設設置等助成金』『重度障害者多数雇用事業所施設設置等助成金』『重度障害者等用住宅の新築等助成金』『通勤用自動車の購入助成金』『通勤用バスの購入助成金』については、「企画競争型」の認定(雇用する障害者のための措置の内容等を審査・評価し、評価の高い順から予算の範囲内で認定するもの)を行うこととなります。(詳細はこちらをご覧ください。)
したがって、以下の事例と同様の取組みであっても、評価の順位によっては認定されない場合があることをご了知願います。

■  視覚障害
事例番号 課題項目 内容 活用した助成金の種類
1 人的支援
職場環境
職場介助者の配置により利用者サービスの大幅な拡大が実現 職場介助者の配置または委嘱助成金
2 職務創出 パソコン用音声読上げソフト導入による、視覚障害者への職域拡大の事例 第1種作業施設設置等助成金
3 情報保障 職場介助者の配置により、相談窓口における迅速な対応及び豊富な情報の提供を実現 職場介助者の配置助成金

 

■  聴覚障害
事例番号 課題項目 内容 活用した助成金の種類
1 情報保障 部内会議において手話通訳者を配置することにより、聴覚障害者が業務上知っておくべき事項をより理解することができるようになった事例 手話通訳担当者の委嘱助成金
2 情報保障 聴覚障害者に対する研修場面において、的確な情報保障により、スキルアップにつなげた事例 手話通訳担当者の委嘱助成金
3 情報保障 外部講師を招請し実施した社員の能力開発及び人材育成研修会において、手話通訳を配置し聴覚障害者の負担軽減に配慮した事例 手話通訳担当者の委嘱助成金
4 情報保障 手話通訳担当者を通して、職場内コミュニケーションの円滑化を図る! 手話通訳担当者の委嘱助成金
5 情報保障 研修における確実な情報伝達のために手話通訳を配置した事例 手話通訳担当者の委嘱助成金
6 情報保障 障がい者とともに働く環境づくりと理解促進 手話通訳担当者の委嘱助成金

 

■  上肢機能障害
事例番号 課題項目 内容 活用した助成金の種類
1 職務創出 営業職からデスクワーク職を新設し雇用の継続を図る 重度中途障害者等職場適応助成金
2 職場環境
職務創出
独り作業部門からサポートが容易なグループ作業部門に配置換えを行い、重度中途障害者の職場復帰を図った事例 重度中途障害者等職場適応助成金
3 人的支援
職場環境
職場介助者を配置したことで四肢機能障害者が持てる能力を生かして職務を遂行することができた事例 職場介助者の配置または委嘱助成金
4 職場環境 トイレの改造に係る助成金活用事例 第1種作業施設設置等助成金

 

■  下肢機能障害
事例番号 課題項目 内容 活用した助成金の種類
1 職場環境 思いがけない初めての障害者雇用が教えてくれたもの 重度中途障害者等職場適応助成金
2 職場環境 自動ドア・スロープの設置により、肉体的・精神的負担が軽減された例 第1種作業施設設置等助成金
3 安全管理
職場環境
通勤用自動車の購入により通勤が可能になり雇用継続が図れた事例 重度障害者等通勤対策助成金(通勤用自動車の購入助成金)
4 安全管理
職場環境
事業所の近隣に駐車場が見つかり、自家用車通勤が可能となった障害者が、毎日いきいきと勤務ができるようになった事例 重度障害者等通勤対策助成金(駐車場の賃借助成金)
5 安全管理
職場環境
手摺のレイアウトを工夫したコンパクトな車いすのためのトイレ 第1種作業施設設置等助成金
6 職場環境 トイレの改造に係る助成金活用事例 第1種作業施設設置等助成金
7 職場環境 配置換えにより中途障害者の職場復帰を図った事例 第1種作業施設設置等助成金
重度中途障害者等職場適応助成金

 

■  内部障害
事例番号 課題項目 内容 活用した助成金の種類
1 健康管理
職場環境
社員一丸となって外国人重度中途障害者の職場復帰に取り組んだ事例 重度中途障害者等職場適応助成金
2 安全管理 ペースメーカー・ICD電磁波防護服の着用で安心して就労できる職場環境の整備 第1種作業施設設置等助成金

 

■  知的障害
事例番号 課題項目 内容 活用した助成金の種類
1 人的支援
職場定着
企業内ジョブコーチの辛抱強く継続的な定着支援 職場適応援助者助成金(第2号職場適応援助者助成金)
2 職場定着 一人ひとりの個性・特性に合わせた最適な育成・指導による定着支援 第2号職場適応援助者助成金
3 職務創出 障害特性に合わせたプラスチック加工機導入により雇用継続ができた例 第1種作業施設設置等助成金
4 職場定着 職場適応援助者による職場での定着支援について 第2号職場適応援助者助成金
5 職場定着 企業内ジョブコーチの配置とその効果 第2号職場適応援助者助成金

 

■  精神障害
事例番号 課題項目 内容 活用した助成金の種類
1 人的支援
職場環境
適応障害の中途障害者を配置転換し、職場定着を図っている事例 重度中途障害者等職場適応助成金
2 職場環境
健康管理
休憩・談話室設置により介護補助業務の雇用安定が図られた事例 障害者福祉施設設置等助成金
3 職場定着
健康管理
精神障害の中途障害者をリワーク支援で職場定着を図っている事例 重度中途障害者等職場適応助成金
4 職場定着 障害特性を踏まえた2号ジョブコーチとしての継続支援 第2号職場適応援助者助成金

 


 

検索画面へ


高齢・障害・求職者雇用支援機構トップページへ
Copyright (C) Japan Organization for Employment of the Elderly, Persons with Disabilities and Job Seekers. All Rights Reserved.