知的障害者の食品製造業における合理的配慮事例

2019年度作成
事業所名
合理的配慮事例・2019210
業種
製造業
従業員数
12人
職種・従事作業
本事例事業所(以下「同社」という。)は食品関係企業の特例子会社であり、主たる事業内容は水耕野菜栽培。対象者はグループ会社の給食弁当販売部門にて就労しており、返却された弁当容器を機械が洗浄した後に消毒保管庫に保管する作業を担当。
障害種別
知的障害
障害の内容・特性
知的障害であり雇用対策上の重度に該当。同社の主要事業である水耕野菜栽培での就労にあたっての主な課題は次のとおり。
・30分以上同じ姿勢で作業を行うことが困難。
・手先の細かな作業を行うことが苦手。
・良品・不良品の見極めを自身で行うことが難しい。
その他
特例子会社

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える