発達障害者の品出し業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27019
業種
小売業
従業員数
169名
職種・従事作業
小売スーパーの品出し
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
知的判断力に問題はないが、指示内容と行動がうまくかみ合わず作業の習熟が遅い。
作業場面で求められる返事、報告、指示内容の確認など言語応答によるものは苦手である。
言語を介した指示よりは、文字化した具体物を通して作業指示をした方が定着しやすい。

障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

ジョブコーチ支援開始直後は障害特性の理解、対応方法等で定期的に情報交換の場を設定していた。
現在も月1回、仕事の優先順位と見直しを行い、作業指示が脱線しないように確認をしている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等
  1. 報告者が専任されて、指示がはっきりと伝わってくる。また、やり方を紙とか写真で渡されたのは良かった。作業の目安をつけられるようになった。
  2. 集中して何かをやるという感覚がつかめなかった。実感がわかなかったが、今はわかってきた。今でも他の人の動きがつかめないで、品出し商品がかぶる時がある。それが今の自分の課題とのこと。他のパートナーさんに状況を聞いてみることで注意したい。

※取材時に対象障害者から、職場のリーダーから“仕事が速くなった”と褒められたことで、“速くやるということの意味がわかりました。”と述べるなど、感覚的な意味合いが体験を通して学べていると話していた。できたときには、褒めるという行為も時として必要な配慮と思われた。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える