高次脳機能障害者の清掃業務等における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27025
業種
医療・福祉
従業員数
90名
職種・従事作業

特別養護老人ホームに入居される高齢者の生活スペースである新館3階フロアの清掃等の業務

  • 共有スペースの手摺、トイレ、浴室、入居者の承諾を得た居室内等の清掃
  • 入居者の居室内リネン等の交換・整理
  • 各食事の後片付け、テーブル清掃など
障害種別
高次脳機能障害
障害の内容・特性
  1. 記憶障害があるため、作業手順や指示内容を忘れやすい。慣れてくると徐々に覚えられるが、時々作業が中抜けになることがある。
  2. 体幹のバランスを保ちにくいため、歩行はゆっくりで、安全面でも配慮が必要である。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える