高次脳機能障害者の事務補助業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27026
業種
宿泊業
従業員数
300名
職種・従事作業
事務補助作業(DM作成、郵便物印字、領収書発送、契約書製本、化粧品梱包等)
障害種別
高次脳機能障害
障害の内容・特性
  1. 道順・人物等の名前が覚えられない。
  2. 参考書などの文書を読むのが苦手であり、作業工程の変化に対応できない。
  3. 時間管理ができないため長時間のパソコン作業が難しい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える