知的障害者のコンテナ仕分け業務等における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27036
業種
運送業・倉庫管理業(除外率設定業種)
従業員数
104名
職種・従事作業
プラスチックコンテナ仕分け・洗浄業務
障害種別
知的障害
障害の内容・特性
おしゃべりが好きだがその場の空気を読んだり表情から相手の気持ちを察することや、自分の理解していることを外に伝えることが苦手である。拘りが強い為、間違って教えると修正が難しい。

障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  1. 在学中2回の就業体験受入れ時とその期間中に先生・保護者にも就業体験の状況を見学して貰った。
  2. 体験中に適性を見極め学校の先生や保護者の了解の下、2回目の就業体験時はより採用後の業務内容・時間を想定した体験とした。通勤を想定し公共交通機関を使用し1人で通う事も体験して頂いた。
  3. 採用稟議提出前に関係機関が一堂に会し業務内容・雇用契約内容・就労後の目標等について確認した。
  4. 就労後も就業・生活支援センターその他の支援機関の方が自由に訪問して頂ける様に申合わせを行い、定期的に巡回・振り返りの機会を設けている。
配慮を受けている障害者の意見・感想等

自分の仕事として責任を持って仕事をしている。後輩も入って来たので先輩として仕事を教えて頑張っている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える