発達障害者の製造補助業務等における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27041
業種
製造業
従業員数
303名
職種・従事作業
製造補助作業等(出荷作業におけるダンボール箱の組立て作業、出荷物のラベル貼り作業、トレーの移し替え)
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
発達障害

障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

管理職(部長)は、採用当初には本人に週に2~3回は声掛けをし、担当者とも週に1回相談を受けていた。今でも月に数回、必ず本人に声掛けをするようにしている。また、食堂で昼食を一緒に食べ、状況等を聞いている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える