発達障害者の事務職における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27047
業種
医療、福祉
従業員数
44名
職種・従事作業
事務職
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
アスペルガー障害:感覚過敏、強度のこだわり、視覚優位、同時並行作業の困難等

障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  1. 採用時には両親も含めて就業条件、内容について協議し、決定した。
  2. 就業状況を見て問題があれば、対象障害者に積極的に悩みがないか等話を聞く機会を持っている。原因がわからず、問題が解決しない場合には障害者職業センターにこまめに相談し解決を図っている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える