聴覚・言語障害者の製造職における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27054
業種
製造業
従業員数
420名
職種・従事作業
クッキー製品箱詰めライン作業、生ケーキ製造補助作業
障害種別
聴覚障害
障害の内容・特性
難聴の為、言葉での作業指示の理解が弱い

障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  1. 面接時や実習期間中、支援学校関係者との話し合いに対象障害者の同意の下、同席できるように配慮した。
  2. 採用が決まり就労が始まる前に、ジョブコーチや支援学校担当職員を交えて、作業スケジュールを検討した。
  3. 就労後も月に1回程度は、課題を振り返っての面談を行い、対象障害者の就労上の特性を活かしながら、作業配慮の方法を協議した。
配慮を受けている障害者の意見・感想等

自分から相談することが苦手なため、定期的に振り返り面談の時間をとってもらうことはありがたい。業務日報等で近況報告できる仕組みがあることに感謝している。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える