肢体不自由者のクリーニング業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27058
業種
サービス業(他に分類されないもの)(特例子会社)
従業員数
116名
職種・従事作業
クリーニング職
障害種別
肢体不自由
障害の内容・特性
両下肢機能障害:両下肢に障害があるため、段差があるとつまづき、転倒する恐れがある。
今般、クリーニング工場を移転新築することになり、同工場の設計に当たり、対象障害者の障害に配慮することが必要であった。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える