精神障害者の介護補助業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27062
業種
社会福祉・介護事業
従業員数
150名
職種・従事作業
環境整備(ベッドメイキング・清掃など)、介護業務(一部)
障害種別
精神障害
障害の内容・特性
細かなことが気になり、納得するまで確認しなければ気がすまない。あいまいなことが苦手ではっきりしていないと不安。まじめに業務を行うあまり、心身ともに酷使してしまい、限界が理解できていない。

障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  1. 入社当初、所属長・管理者で施設全般の業務・役割、業務内容や必要な配慮、相談窓口などについて、時間をとってゆっくりと説明した。
  2. 業務内容を明確化するために、書面にして本人や関わるスタッフに配布し、スタッフとは対象障害者の業務内容を共有化して、大抵のことは誰でも同じ対応ができるようにしている。また、当初は毎日の振り返りと、1週間ごとに業務内容を確認しながら、必要に応じての見直しを行ってきた。
  3. 現在は、日々の業務は滞りなく行えるようになったが、時には不安が高くなるなど不安定なことがあるため、必要に応じて面談するなどの対応をしている。
配慮を受けている障害者の意見・感想等

細かなことが気になり、業務に時間がかかることや悩むことがある。その都度、上司に相談し、助言を受けている。
明確な指示をしてもらえるのでわかりやすい。
介護福祉士実務者研修を修了しており、少しずつでも仕事の幅を広げていきたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える