発達障害者のキーパンチャー業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27101
業種
情報通信業
従業員数
50名
職種・従事作業
キーパンチャー
データベースへの入力、スキャンデータの作成、架電カード枚数チェック
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
  • 定型的に作業をこなすことは問題ないが、臨機応変・突発的な対応や、判断を要するポイントが多い作業を求められることは苦手としている。
  • 口頭による指示や説明に加えて、視覚的に指示や説明を行うとスムーズに理解ができる。
  • 周囲の状況を踏まえた対応が難しく、自分のペース・タイミングで質問したり話してしまいがちである。
  • 温和な性格であるが、これまでの職歴で周囲と円滑なコミュニケーションが図れず、対人関係の構築に関して不安を抱いている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える