肢体不自由者の商品撮影業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27132
業種
卸売業、小売業
従業員数
1,175名
職種・従事作業
営業・販売関連事務の職業 → 商品撮影
弊社が運営する通販サイトに掲載する商品の撮影業務(主に鞄・靴・アクセサリーなどの小物)
障害種別
身体障害者 下肢障害
障害の内容・特性
下肢障がい 2級
切断による右下肢1/2以上欠損 ※義足使用
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

【人事担当が行った話し合い】
時期:面接時、入社研修時、入社3ヶ月後に各1回づつ
→面接時に必要な配慮を聞き、入社研修時や入社3ヶ月後の面談で、現在の配慮に対する感想や意見を聞きました。
※ヒアリングした感想や意見は、必要があれば部署の上長に共有し、対応の有無を判断してもらいます。会社として対応が必要なものに関しては、人事で検討します。


【部署担当が行った話し合い】
時期:配慮がほとんど必要ないため、行っていません。
→何か気になることがある場合は、都度または毎月1回の面談の際に相談してもらうようにしています。
※追加の配慮提供や改善については、その都度部署で必要性を検討し、実施しています。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

健常者と変わらないと感じているので、今のままで不便はない。
季節の変わり目などに1~2日間ぐらい、義足をつけられなくなるぐらい痛くなる時期があり、業務を休むことになる。
車椅子があったら義足をはずしても移動が可能になり、会社を休む必要がなくなるので、唯一あったらいいと感じている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える