内部障害者の事務職における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27137
業種
金融業、保険業(特例子会社)
従業員数
24名
職種・従事作業
一般事務の職業 → 事務
従事作業内容:取引履歴調査
障害種別
内部障害
障害の内容・特性
水頭症、脊髄髄膜瘤
車椅子とクラッチを利用、移動やトイレの利用等に配慮が必要
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

半期毎に社員との面談を実施する中で社員本人からヒアリングを行うほか、随時面談、ヒアリングを実施。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える