肢体不自由者の検品業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27139
業種
卸売業、小売業
従業員数
2,700名
職種・従事作業
検品業務
配送された商品等の品目、数量等をパソコンへ入力する業務など
障害種別
肢体不自由者
障害の内容・特性
下肢障害により車椅子を利用
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

必要な配慮を面接時に確認している。
なお、障害者が配属されている部署が近いことから、日頃のコミュニケーションはとれており、定期的な話し合いは特に行っていない。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える