視覚障害者の事務職における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27142
業種
卸売業、小売業
従業員数
6,000名
職種・従事作業
事務職(総務)・・・パソコン入力、電話対応
障害種別
視覚障害(全盲)
障害の内容・特性
杖使用
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

定期では年2回、所属長と人事担当者が入って面談を実施している。
それとは別に、本人の体調が悪そうだったり、相談事があれば面談を実施。この場合、1週間に1回、1日おきなど状況によって対応している。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える