聴覚・言語障害者のタイヤパーンの手彫り業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27180
業種
サービス業(他に分類されないもの)(特例子会社)
従業員数
48名
職種・従事作業
タイヤパターンの手彫り作業
障害種別
聴覚障害
障害の内容・特性
感音難聴、理解できていない時でも(本人なりの理解で作業をすすめてしまう)
筆談・口話、コミュニケーションに時間が必要、周囲の状況把握が苦手
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

年に最低一度の従業員・保護者・支援者面談の実施
その他の面談については障害者職業生活相談員が必要に感じた時や現場リーダーからの相談があった際及び本人から希望があった際に行う

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える