発達障害者の品出し業務等における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27213
業種
卸売・小売業
従業員数
14名
職種・従事作業
店舗における品出し、接客販売、清掃、リサイクル
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
広汎性発達障害:相手の言葉をそのまま受け取りやすく、自分が伝えたいことをうまく言葉にすることが苦手。嫌なことを思い出すと不安、パニックになることがある。人の視線や話し声、BGMなどの音が気になる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  1. 採用前:面接に支援者の同席を希望されたため了承した。実習を経験してもらい、本人の希望、意思を確認した上で採用した。
  2. 採用と同時にジョブコーチ支援を4か月間活用。当初1か月は週2回程度、2~4か月は週1回程度、ジョブコーチの訪問があり、その都度ジョブコーチを交えて対象障害者と相談する機会を設定し、特性の把握と雇用管理上の配慮方法について協議した。
  3. ジョブコーチ支援終了後は、ジョブコーチのフォローアップ支援(終了後半年間で月1~2回程度)を活用して定期的に対象障害者と相談。それ以降も適宜相談を継続した。
  4. 店長異動の際は支援機関に連絡し、障害特性や必要な配慮事項等について、支援者も同席して対象障害者と相談を行った。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える