高次脳機能障害者の介護補助業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27222
業種
社会福祉業
従業員数
83名
職種・従事作業
特別養護老人ホーム 介護補助員(洗濯業務担当)
シーツ等のリネン類や衣類の回収・洗濯・乾燥・畳み・収納作業等を担当。
障害種別
高次能機能障害(外傷性脳損傷による)
精神保健福祉手帳2級
障害の内容・特性
記憶障害(前向性健忘:指示されたことを忘れる、一度できたことが二度目にできなかったりする等)。遂行機能障害(計画の立案と実行の障害:作業の優先順位がつけられない、複数の作業を平行して行うことが難しい等)。症候性てんかん。
また、受傷時に勤務していた事業所での経験が心的外傷となり、当初は発動性の低下等が見られた(詳細後述)。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える