精神障害者の事務補助業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27226
業種
生活関連サービス業、娯楽業
従業員数
100名
職種・従事作業
対象障害者本人の所属は本社の人事グループではあるが、担当業務は事業部門からの切り出した作業が中心となっている。
1.各店舗ごとの商品管理を行うシステムへのマスター登録作業(PCでの登録作業)
2.スポット的に、経理の補助作業(伝票のチェック、集計、ファイリング等)を担当
障害種別
精神障害
障害の内容・特性
<そううつ病>
  • 通院は月1回。薬は毎日服用。
  • 対人関係や作業の業務量等によって、時折、感情的になる場合がある。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える