発達障害者の分別業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27238
業種
食料品製造業
従業員数
153名
職種・従事作業
製品再生処理作業(製品を容器と食品とに分ける作業)
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
知的障害を伴う広汎性発達障害。一度に2つ以上または抽象的な指示をされると理解が難しい、大きな音がする中で会話をすることが苦手、思ったことを率直に表現する、など。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

採用以降約半年間は、1~2回/月のペースで対象障害者、共同作業者、ジョブコーチを交えた情報の共有化を行い、必要な場合は配慮を検討することとしていた。ただし、今回は採用前に障害者民間活用委託訓練事業(実践能力習得訓練コース)を実施し、概ね対象障害者の特性を理解していたため、採用後特段配慮を要する必要性はなかった。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

現時点で、当該障害者より当事業所に対する意見・要望等は受けていない。概ね満足が得られていると認識している。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える