高次脳機能障害者の接客販売業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27295
業種
卸売業、小売業
従業員数
2,007名
職種・従事作業
接客販売
障害種別
高次脳機能障害
障害の内容・特性
交通事故による脳外傷で高次脳機能障害。記銘力の低下あり、気分の変動、注意力の持続困難、遂行機能障害
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

面接時に、本人及び支援機関と十分に話し合いを行い、できること、注意が必要なことを理解した。
就職後は、本人と随時話し合いを持ち、疑問があれば支援機関に連絡するなど対応している。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

楽しく仕事ができており、少しずつ仕事の幅も広げていっている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える