高次脳機能障害者の事務補助業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27321
業種
学術研究、専門・技術サービス業
従業員数
2,164名
職種・従事作業
シュレッダー作業(紙の収集と仕分け)封入作業等
障害種別
失語症(脳出血による上下肢障害(2級))<障害者手帳は身体>
障害の内容・特性
右上下肢障害、歩行は可能だが段差のある場所は厳しい。荷物を持つことは不可、書類の整理も右手を添える程度。
全失語の状態(書く、読む、聞くの理解が困難)で、月1回のリハビリを受けている。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

採用時に慎重に検討を重ね本人のできる仕事の洗い出し、勤務時間を配慮したことが継続雇用につながっている。
事業所としては、重度の人でも働ける職場を設置したいと作業の洗い出しを行った。(CSRの一環としての活動)
各人の障害特性、適性を考えチームを編成。事業所の低層階を中心に軽作業を請け負い、少しずつその範囲を拡大。現在は、事業所全体のシュレッダー、ゴミ収集、簡単な庶務業務を請け負うまでになった。事業所としては、互いに支え合う環境を提供すれば、各人が予想以上の成果を出してくれる、と考えている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える