精神障害者の事務職における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27324
業種
卸売業、小売業
従業員数
296名
職種・従事作業
事務職・技術事務職
障害種別
精神障害者
障害の内容・特性
統合失調症
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

定期的(月1度位)に三者面談(障害者・支援機関・企業)を実施し、常に障害者の現状を把握している。
その他、必要に応じ、面談を行っている。
過去には、そのような面談、話し合いにより、通勤面や仕事量を踏まえ、他の店舗への異動を促し、支障を改善した事例もある。
また、定期的に社交の場を作り、その中でも本人の話しを聴き取り、ストレスや負担が溜まらないように心掛けている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える