高次脳機能障害者の調理補助業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27366
業種
宿泊業、飲食サービス業
従業員数
1,000名
職種・従事作業
仕込み作業
障害種別
高次脳機能障害
障害の内容・特性
記憶障害、遂行機能障害、対人障害(軽度)
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

障害者トライアル雇用当初一週間は、本社障害者担当者が直接作業を教え、少しずつ職場のリーダーに引き継いでいく。その後は職場リーダーに任せるが月一回のペースで本社の担当者も面談。3ヶ月間のトライアル雇用後の本採用後、3ヶ月に一回は支援者を含め振り返り、ケース会議を開く。現場リーダーより相談があった場合は、本社障害者担当者が店舗に行き、直接本人に指導することもある。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

作業は一生懸命覚え、指示に素直に聞こうと思っている。周りくどい話し方になってしまった時は、遠慮せずに注意してほしいと職場のスタッフには伝えている。職場の方が障害について学んでくれる姿勢がありがたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える