視覚障害者の機能訓練指導業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27385
業種
医療、福祉
従業員数
216名
職種・従事作業
特別養護老人ホームにおける機能訓練の指導
障害種別
視覚障害
障害の内容・特性
障害名は両視神経萎縮となっており、視神経(脳への視覚伝達)障害の末期の状態である。
病気・怪我による視神経圧迫が原因となっている。
配慮を受けている障害者の意見・感想等

養護老人ホームという施設だけに、業務での施設内移動にあたっては何の支障もなく、十分配慮されている。
機能訓練指導員として、看護師、ケアマネージャーとのチームで行動することから、業務指導が的確に伝えられ、安心して業務が遂行できている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える