難病患者の臨床検査技師職における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27387
業種
医療、福祉(除外率設定業種)
従業員数
90名
職種・従事作業
臨床検査技師
障害種別
①大動脈炎症候群 ②特発性大腿骨頭壊死症
障害の内容・特性
①血管に炎症が生じる。炎症の部位により様々な症状が出る。②股関節に痛みが生じる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

その日によって体調に変化があり、体調が悪い時等はその都度相談している。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

就業が継続できるよう、勤務場所や勤務時間及びリハビリ時間等について、様々な配慮をしていただき感謝している。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える