視覚障害者のマッサージ師及びヘルスキーパーにおける合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27391
業種
サービス業(他に分類されないもの)(特例子会社)
従業員数
10名
職種・従事作業
マッサージ師・ヘルスキーパー
障害種別
視覚障害
障害の内容・特性
網膜色素変性症による弱視(1級)
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

特に週に1回話し合いの場等を決めるのではなく、ある意味毎日コミュニケーションを図るようにしている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

現在は施術の部屋も、社員の休養室の隅にある状態だが、今後は時間等を工夫するなどして利用率を上げ、独立した部屋で、マッサージだけでなく針も施術できるようになりたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える