発達障害者の清掃及び事務補助業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27394
業種
サービス業(他に分類されないもの)
従業員数
490名
職種・従事作業
清掃及び事務補助(資料準備・PC入力(勤怠)・掲示物作成)
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
広汎性発達障害(精神保健福祉手帳あり)
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  • 雇用開始時点から、1週間→2週間→1ヶ月→3ヶ月を区切りとして話し合いを行っている。なお、3ヶ月以降となると(人事からの呼び出しに対し)本人が不安がることから行わない。
  • なお、6ヶ月更新の契約制であるが、更新時期が近付くと本人が敏感になる(過去の体験から、更新されないのではとの不安感から)ことから、現状どおり業務を遂行していれば問題ない旨説明することで不安感緩和に努めている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える