発達障害者の倉庫作業における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27399
業種
運輸業、郵便業(除外率設定業種)
従業員数
381名
職種・従事作業
倉庫作業員
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
対人コミュニケーションが苦手である / 場に合わない言動や行動をとることがある / 曖昧な話し方や指示をすると本人は理解することが困難 / 複数同時に指示されると混乱しやすくなる
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

採用が決まってから入社までの間に、障害者職業センターおよび障害者就業・生活支援センターと共に、配慮が必要な内容について検討し、対象者の入社時に本人を交え話し合いを行っている。
また、必要都度、各支援機関と連携の上、話し合いの場を設けている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

感想:働きやすい職場環境であり、継続して仕事を頑張っていきたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える