高次脳機能障害者のセンタースタッフ業務における合理的配慮事例

2015年度作成
事業所名
合理的配慮事例・27407
業種
情報通信業
従業員数
620名
職種・従事作業
スタッフ職
障害種別
高次脳機能障害
障害の内容・特性
記憶力・集中力の低下、同時作業が苦手、突発的な出来事にパニック、長時間の作業で首や肩の凝りがでる
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

本人が思う仕事に対しての能力と実際に行う業務とのスキルで差があり、それを本人に理解してもらうため、面談を行う。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

チームリーダーが指導者として決まっており、悩んだ時には話し合いを持ち意見を聞いてくれるため、相談しやすい環境である。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える