発達障害者の清掃業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28002
業種
医療・福祉
従業員数
189人
職種・従事作業
高齢者施設等の施設内清掃員
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
コミュニケーションと想像力の課題が見られる。(はっきり言われないと気付かない。一方的に話してしまう。行動の切り替えや全体の把握が苦手である等。)
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  • 入社当初、相談担当者は対象者の勤務終了後、業務での不安や問題がないかなど、毎日、聞き取りを行った。その後、週2回、さらに月1回程度の定期的な相談へと移行した。現在は、2週間に1回程度の職場ミーティングの際などに合わせて実施し、突発性や緊急性があるものについては、現場担当者と連絡を密に取ることで、勤務状況に影響がないよう対応している。
  • 入社して3か月ぐらいは、勤務終了後、現場担当者と相談担当者がその日の状況を互いに確認し、相談員から法人本部へ報告する体制とした。なお各担当者で対応できないときには、法人本部と協議して対応することとし、現場担当者、相談担当者、法人本部へ円滑な連絡、報告、対応ができるような体制を整備した。
配慮を受けている障害者の意見・感想等
  • 作業スピードや時間配分を考え、業務を行っていけるよう頑張りたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える