難病患者の事務職における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28003
業種
水産加工業協同組合
従業員数
5 人
職種・従事作業
事務職
障害種別
難病(潰瘍性大腸炎)
障害の内容・特性
下痢、血便、腹痛等が主な症状である。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

面接時にどのような配慮が必要であるかヒアリングするとともに、体調に関する声掛けを行ったり、相談しやすい雰囲気づくりを心掛けている。
特に定期的な相談は行ってはいないが、その都度、相談できる体制を整えている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

オープンにしたことで、精神的な部分で楽になり、体調不良等の相談がしやすくなった。就職活動中、難病というだけで面接も受けられなかったため、病名だけで判断するのではなく、まずは面接し、状況をみて判断をしていただきたいと感じている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える