難病患者の工場見学案内業務に係る合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例28009
業種
サービス業
従業員数
300人
職種・従事作業
工場見学の補助業務(見学者引率、飲食コーナーでのサービス(パンドリー)、ショップ販売グッズの分別・配送)
障害種別
難病(網膜色素変性症)
障害の内容・特性
視野狭窄、視力低下、夜盲。対象障害者は視野狭窄の中でも中心部が見えず、周辺部だけが見える。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える