難病患者の製造職における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28027
業種
製造業
従業員数
89 人
職種・従事作業
製造職(自動化ラインにおけるコンクリート二次製品の製造業務、型枠の組立て、鉄筋加工、製品の脱型、仕上げ作業など)
障害種別
難病(特発性血小板減少性紫斑病)
障害の内容・特性
血小板の減少により、出血しやすくなる病気。血小板数2万/㎕を下回った場合、自然と出血する状態となり、内臓や頭部の毛細血管からも出血する可能性がある。対象障害者の発症時の血小板数は9千/㎕であった。(成人男性の基準値は13万から35万/㎕。)

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える