内部障害者の事務職における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28039
業種
その他のサービス業
従業員数
35人
職種・従事作業
売掛金チェック、メール便仕分け、修理品対応、名刺作成等の作業
障害種別
内部障害(腎臓機能障害)
障害の内容・特性
腎臓機能の低下により、週3回の人工透析を実施している。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

随時に行われる職場リーダーや定着指導員への相談、2~3か月ごとの産業医面談、半期ごとに行われる目標管理面談を通じ、現状の課題や業務進捗の確認など仕事のことはもちろん、体調・生活面などについて、配慮・対応が必要と思われる情報はセンター長に報告のうえ、必要に応じ、定着支援担当者が中心となり関係機関、産業医との連携を取りながら具体的な配慮・措置への展開を行っている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

体調を考慮していただき、短時間勤務や通院・検査など柔軟に休暇を取得できるように配慮していただいています。安心して働ける環境で社会生活を営むことができることに日々喜びを感じます。恵まれた環境の中で働けることに感謝し、少しでも社会に貢献できるようしっかり仕事に従事していきたいと思っています。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える