聴覚障害者の事務職における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28040
業種
その他のサービス業
従業員数
35人
職種・従事作業
売掛金チェック、メール便仕分け、修理品対応、名刺作成等の作業
障害種別
聴覚障害
障害の内容・特性
身体障害(聴覚障害4級)耳元で大きな声で話せば聞き取れる程度
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

随時に行われる職場リーダーや定着指導員への相談、2~3か月ごとの産業医面談、半期ごとに行われる目標管理面談を通じ、現状の課題や業務進捗の確認など仕事のことはもちろん、体調・生活面などについて、配慮・対応が必要と思われる情報はセンター長に報告のうえ、必要に応じ、定着支援担当者が中心となり関係機関、産業医との連携を取りながら具体的な配慮・措置への展開を行っている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

障害に対し配慮していただき、聞き取れない内容があれば、大きな声で繰り返し話したり、確認しながら話を進めてくれます。また、全体会議やチームミーティング等、事前に資料を準備していただいたり、筆談でのフォローや手話を活用してくれるのでとても助かっています。このような環境の中で就労できていることに感謝し、少しでも日々の業務で貢献できればと思っています。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える