難病患者の図書館業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28041
業種
教育、学習支援業
従業員数
32人
職種・従事作業
図書館スタッフ,子どもの読書サービス担当
障害種別
難病(潰瘍性大腸炎)
障害の内容・特性
大腸の粘膜に潰瘍ができる大腸の炎症性疾患で、下血を伴うまたは伴わない下痢と腹痛が起き、疲労やストレスによって悪化し、トイレが頻回となる。また、薬物による免疫抑制療法中であるので、感染症にかかりやすいといった副作用がある。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

就業時間数などに関しては、採用時と契約更新時に、対象者の意向を踏まえ決定している。また、業務内容などに関しても、不都合があれば対象者からの相談に応じ考慮している。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

就業時間、通勤方法、通院に関する休み希望など、様々な配慮をしていいただき、大変感謝している。
また、他の従業員の人たちも、温かく見守って下さり、周囲の人に恵まれた環境だと感じている。
無理をしない範囲で、私も職場に貢献できるよう努力したいと思い、専門的知識を身に付けるため、大学の通信教育の司書課程で学び始めた。
今後、体調がより安定すれば、就業時間を増やしていきたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える