肢体不自由者のレジ係業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28054
業種
卸売・小売業
従業員数
130人
職種・従事作業
レジ係
障害種別
肢体不自由
障害の内容・特性
両大腿骨頭壊死(人工関節)
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

入社前・入社後(配属先決定後)において、本人と話し合いを行った。 また、採用時(雇用契約締結時)において、障害特性等に配慮した労働条件等の提示を行い双方合意となった。
お客様対応等について相談を受けることもあるが、都度助言等を行い解消を図っている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える