聴覚障害者の布裁断工業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28059
業種
製造業
従業員数
153人
職種・従事作業
布裁断工
障害種別
聴覚障害
障害の内容・特性
先天性による全聾、コミュニケーション手段は手話・筆談・口話
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

社内での特別な対応は行っていないため、意見・要望等があればその都度話し合い等に応じる対応としている。
また、就業・生活支援センターとの情報共有は継続しており、必要に応じて本人との話し合いの場を持つようにしている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

コミュニケーションの向上のため、簡単な手話でも覚えていただきたく、教本の設置をお願いしたりしたが、手話でのやり取りはほとんどない。しかし、社員交流会の場で、手話を交えた歌や踊りを一緒に披露する等、聴覚障害を理解する気持ちは十分に感じている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える