発達障害者の清掃業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28067
業種
サービス業
従業員数
3,600人
職種・従事作業
店内外の清掃業務
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
広汎性発達障害(コミュニケーションが苦手、意思表示や意思確認に時間を要する、臨機応変な対応が困難、曖昧な表現への理解が困難、職場に合った時間の捉え方ができないなど)
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

支援機関による定期的な訪問(月1回ペース)を通し、必要に応じて話し合いの席を設けること、また、日常的にも本人への声掛けを日々行い、コミュニケーションをとるよう努めている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える