難病患者の製品包装業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28069
業種
製造業
従業員数
21 人
職種・従事作業
梱包作業
障害種別
難病(脊椎小脳変性病)
障害の内容・特性
ふらつきがあり立ち作業は基本的にできない。座ってできる作業ということで梱包作業に、本人のできるスピードで従事してもらっている。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

病気の進み具合を見ながら、働き始めてから5年の間に、3回以上の仕事内容の変更を行って、雇用を維持している。
①ミーラー機担当(手首と肩に力がいる)→手に力が入らなくなる、②油揚げの包装作業(スピードが必要な仕事)→立ち仕事が厳しくなる、③完成品の箱詰め作業(座って行える行程がある)と変更した。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

以前は階段の上り下り等もできていたが、今は、怖くてできない。会社を辞めようかとも思ったが、工場に私物等を置ける場所を作ってもらい、仕事も無理のない量や座ってできることにしてもらっている。辞めないでよかったと思っている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える