発達障害者のピッキング作業における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28089
業種
卸売・小売業
従業員数
350人
職種・従事作業
商品のピッキング
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
広汎性発達障害(2つのことを同時進行できない。急いで何かをしなければならないときにストレスを感じ、気分的に落ち込む。音に敏感。他人とのコミュニケーションが苦手である。)
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

事前に障害者就労支援センター及びハローワークと相談しているため、必要な配慮はおおむね入社時点で把握済みであった。その後必要な配慮事項が生じた場合に対応できるよう、現場の業務指導担当者、障害者就労支援センターの支援員が「最近困ったことはあるか」とこまめに本人に確認するようにしている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える